不器用リカコの書きたい人生

20代リカコが書きたいことを書きたいままに書くだけのブログです。

白くて綺麗な鼠と泥っぽい兎

兎を大切にするのに私は白い鼠を殺した。

しかも殺した感触を残したくないからアルコールを掛け続けて弱ったところ何かの上に乗せて外へ出した。

 

私が虫を家から出すときによく使う手法だ。

虫は簡単に死んでしまうから致命傷を与えず生きた状態で外に出す。

 

でも私はその小さくて毛並みの綺麗な小さな白いネズミを、躊躇なく弱らせて殺した。

死んだかどうかは確認していない。

 

小さい兎を周りの反対を押し切って連れて帰った。小さくて丸くて本当の毛並みの色がわからないくらい泥っぽかった。

龍がいる祠みたいななんか神聖な場所で、毛並みの綺麗なうさぎはたくさんいたけど泥っぽい兎を連れて帰った。

彼は何故かよくベランダに出ていた。

ずっと彼を見ていると餌をやるのをたまに忘れて焦ってお皿にフードと水でドロドロになった餌をベランダに置いた。

兎というよりモルモットとかハムスターみたいな丸まり方だったけれどれっきとした兎だった。

嫌なことがあると彼を手のひらに収めて顔にギュッとした。

彼はずっと泥っぽい容姿だった。

ある日彼はいなくなった。近くに茶髪の青年がいた。

前も飼ってた動物が人間になる展開だった。

人間になんてならなくていい、小さくて泥っぽいままのわたしだけの兎でいてほしかった。

 

小さくて白い鼠が私の前をまた横切った。

 

*

*

*

 

15時だった。

まだ眠たかった。

 

試験勉強をするつもりだった。

 

この前0時に電話がかかってきて

誰からの電話かもわかってるようなんからないような脳でスライドさせた

 

表示されてる人物とは声が違う、気がする

 

ただでさえ脳の引き出しが錆びてきてる今日

寝起きの脳には難問だった

 

「、違う人、な気がします、、、違う人ですか?」

 

彼は陽気に笑って自分の名前を告げた。

 

悲しかったし嬉しかった。

 

ずっと来ない連絡にやっとあった反応。

ただ待ち侘びた人の端末なだけでその人ではない事実。

 

寝起きの頭はアルコールを含んでる時の思考と一緒。

電話が来たのをいいことに全部吐き出そうとした。吐き出し切る前に電話は切られた。

そこから2時間以上眠れなかった。気がついたら朝だったがトータルで睡眠不足。

なのに冴え渡る脳。キビキビ動く身体。

おかしい…

疲れがで始める残業時間。

昔のコンクール曲のマーチを口ずさんでいた。

帰り道は指も動いていた。

 

帰宅してからこれを書いてる今まで2回目の昨日か今日かというくらい状況が変わらないまま24時間を時計と針が経過させようとしている。

 

ああ。

寝ても寝ても眠い。

毎日3回は必ず泣いている。

 

これは精神的にやばい状況に突入しようとしている。

 

断ち切らねば。

 

シャワーを浴びる。目を閉じる。

ずっと誰かと話してる。

実家の浴室にいると脳が勘違いして手を伸ばしシャワーを止めようとして、洗面台に手をぶつけた。

ああ。ここは洗面所と浴室が同じな間取りの私が1人で住んでいる家であった。

兎もいなければ、白い鼠もでない、夜中の電話は確実に出る私とは裏腹に私の電話どころか連絡にさえ反応はないひとりぼっちの家だった。

 

もう疲れたよパトラッシュ。

 

死は救いとはよく言ったものだ。

一度死んでからどんなに悲しくても壊れなくなった。

 

 

もうどうでもいい。

最後に会いたいなんて考えなければよかった。

うれしかった気まぐれの知らせと誘いの事実だけ胸に抱いて

渡せなかったチョコレートも一生会うことはないという言葉で珍しく急いで用意した餞別が転がる部屋で

 

もう会わないことを決めてループした感覚の今日を終わりにする。

 

辛い時こそ仕事。暇になるとロクな事考えないのよ人間は。

そうだね、うん、本当そう。

わたしもサマリーガリガリ書くね。

 

昔、彼女できたからもう家に来ないで欲しいと言われて泣きながら使用済みのチップ詰めてたけどチップ詰めるのプロすぎてもう勝手に手が動くレベルだったから考えまくりだったなあ。。

 

仕事してる時は仕事しか考えないからたった一日でいちにち何もできなくなるくらい脳が何かを抑制しようとしてる。

ある意味防衛本能か。

 

明日も早起きして仕事しよう。

おやすみ。

 

さようなら。

 

 

俺の家の話

マジで面白いw

 

そして来週楽しみすぎるwww

 

f:id:rikakomerin:20210220220910j:image

 

ドン太、だぁ〜いっきらい!!!👰‍♀️

 

電車で本読んでたら隣にお喋り夫婦が来て、😔 って気持ちになってたんですけど(わたしは電車で静かに本が読みたいっていう自分勝手なので)、隣の奥様が「芝浜は季節かしら?」旦那様「芝浜はまだだろうよ〜」って話してて、つい本から顔上げてマスクの下でニヤッとしてしまったのでわたしの負けです、本を閉じて眠りました笑

 

それにしても家元よ、女いすぎだろい!笑

そりゃ、じゅげむもデスメタル流したくなるよな笑

来週も楽しみだー!!!

 

 

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

結局3を見始めたのですが、

 

いや、個人の見解よ?もうほんと私の感想ですからね、これ。

 

シーズン2がいちばん好きかもしれぬ…!

 

なんか1は、フェローがめちゃくちゃ威勢いいけど実力が無くて口ばっかりだあ〜って最初はヤキモキしてたけど、2はある程度動けるようになってきた上での失敗とか手を尽くした上でのどうにもならなかったことで心が強くなっていく感じがグッとくるみたいな。

 

もちろん1も好き!

でも2が1を超えてくる作品は基本的に神作品だと思ってる。

某海賊の有名映画とか…、いや、個人の感想ですからね。もう偏見と好みに塗れた個人の感想。

 

1も2も緊迫感とその中でやりがいとやるせなさにもみくちゃにされてそれでも自分の道を見つけていく感覚に次の話数が気になって気になって気がついたら全部見てたんですけど、

 

3は4話まで見たんですけど(試験後に見るはどうした←)

まあ、続きは今日じゃなくていっかあ、くらいなんですよね。

 

あ、でも最初の短冊に「藤川先生みたいな優しいお医者さんになる」って書いてあったのが私は嬉しかった!

だって、1も2も彼は自分でも視聴者からも他のフェローより遅れをとっているという劣等感を感じながらも虚勢を張ってたけど、9年経って、その優しさに実力が伴ったんだっていう、凡人(医者に慣れてる時点で凡人じゃないんだけど彼らの世界の中で比較が起きた場合)への希望と救いと何よりみんなが飛んでる間患者をよく見てるって褒められ方をしてた藤川先生が報われて本当に良かったなと込み上げてきました。

 

つまらなくはないんですけど、なんだろうなあこの違う感じと思って考えてたんですけど、

1と2にあった救命の緊迫感があんまりない?1話はすごいあったんですけど、新人フェローがぬるっとしてるのもあるのかな?と。

 

あとこれは作品云々じゃないんですけど、

シーズン1の新人は実力はないけど威勢は良いのに比べてシーズン3の新人は前のめりな感じがないのが、ゆとりで育った若者っていう世間の目なのかなあと思いながら見ちゃうからなんかヤキモキします笑

わたしもゆとりの生き残りだし、どっちかというとシーズン3の若手に近いなあと自分でも思うし。

実際にはそうなくせに、古いかもしれないけど若者はシーズン1みたいであってほしいと思ってるシーズン3よりな若者なんですけどね笑

憧れがあるのかも。がむしゃらに頑張る姿に。

高校生の時は確実にシーズン1の若者だったからwなんでも噛み付いてたし、がむしゃらに生きてた。じじいばばあになったら闘志が減るんだから(稀に減らない人もいるが)若さのパリパリ感をドラマでは感じたかったのかなあ。みたいな笑

 

あと違いは、3は今のところ患者が生きてるなあと。

振り返ると2の助からなさ半端なくないですか…

めちゃくちゃ患者家族に責められるし。。

3のフェローにはそういう苦難がないよな、今のところ。

あ!だから看護師の雪村さんがわかりやすく患者に冷たくて、実力を追い求めてる感じは好き!笑 

若さを感じる!冴島さんもツンツンしてたけど指導者への変化みたいな感じがあって、お〜3だ!確実に年数を重ねている!っていうのが良かった。雪村さんなんかやらかして怒られて気がつくという展開期待してますっ…!

 

あと2で現れる橘先生が結構好きだったんだなあと思う。

3のがんばれえ、がんばれえって拡張型心筋症の子供の手術してる時に2の未熟児挿管した後5日間保育器に張り付いて、「がんばったんだあ…この子は救ってもらえると思ってたんだなあ」みたいなこと言いながら泣くシーンフラッシュバックして辛かった。。けど橘先生の本質を見せてくれるシーンでよかった…

 

3は今のところ寺島さんが少ないのが個人的に寂しいね、

森本先生と轟さん寺島さん藤川先生のくだらないやりとり好きだったからちょっと寂しいですw

 

3の違い、、、1とか2はフェローの4人にフォーカスしてるから、威勢とは裏腹に救えない現実や救えなかった患者の家族からの言葉や人生にいろんなことを感じて考える描写、あとはフェローそれぞれの家族とか(冴島さんもサトシさんとかね…)心理描写が多かったから常に胸が苦しい、続きどうなると…って思ってたけど、5話までの展開だとやる気ねえ(と見えてしまう)新人たちの成長は気にならないし、『居場所』についても、1で藍沢先生が「人は人から必要とされないと生きていけない。だからみんな必死になる。勉強でも仕事でも。人から必要とされる人間になるために。」っていうのと見せ方の重みが違う?からかな〜。

 

この物足りなさなんだろな〜と思って、感想探してて、1と2が好きだったのだろうなあというお方の感想を見つけたんですけど、思わず笑っちゃったのが、それぞれの登場人物について1と2の違いを書いてってる最後に

 

『藍沢はいつも通りだけどなんか微笑んでる。』

 

wwwww

 

いいよw藍沢先生だって人間だものw微笑もうw w w許してあげてよ笑笑笑

って1人でツボってました、完全に余談ですが笑

 

今思ったけど、コウノドリも1の下谷先生と白鳥先生が前のめりなのに対して、2で現れたジュニアくん赤西先生はやる気なかったなあ。

でもどっちかというと2ではまだ下谷先生と白鳥先生の独り立ちへのはなしで赤西先生だけにフォーカスされてなかったから違和感なかったのかなあ。

 

脚本家でも監督でもないのに作品のあり方についてとやかく言い出したら終わりだよ人としてやめな、見たくないなら見なきゃいいし、文句言ってまで見なくていいんだよリカコさんよ。

 

まあ気になるから全部見るんですけどね!!!

 

あ、また余談なんですけど、サテンスキー鉗子って結構するんですね、ピンキリですけど他の鉗子そんなに高価じゃないものも多いから、てっきり同じくらいだと思ってたら…

 

まあ色々書きましたけど、まだ4話!

これからどんな展開が待ってるのか最後まで見てみます!

わたしは灰谷先生が成長する姿みたいです!!!

 

.

だめだ止まらない

 

なんであの時自分の気持ち押し殺してしまったのだろう

 

言わなければ最後に会えたのに

最後に会えたのに

 

後悔しても遅い

 

あとちょっとで間が悪いのはいつものこと。

 

泣いても何も解決しない。

今は待とう。待つんだ。

.

今までこんなことあったっけ、

 

って毎回思ってるのかもしれないけど

 

会いたくて会えなくて自分からできることは何もなくて

でも惨めな気持ちには全くならなくて

さみしい気持ちはあるけれどどこか清々しくて

相手が健やかならもうそれで良くて

でも自分に寄った気持ちなら少しどころかめちゃくちゃ嬉しいのが本音で

MISIAの曲を聴きたくなるような

(前よりは)普通寄りの人になったんじゃないかと思う

 

1日に3回くらいドライアイのはずの目が潤ってるけど。

持つべきは友

とはよく言ったもので

最近Fがよく電話の相手をしてくれるので

珍しく短時間で相談をした。

 

人に話していつも気がつくけれど

物事の入りをプラスに捉えられることがほぼないんだなと、だから人には人が必要なんだなと。

 

今考えてたことが思い出せない。

 

こういうことが増えた。

 

今考えてたことが瞬きをして次の映像を脳に送ってる時に何か大切なことを考えてたはずなのに忘れてしまう思い出せない。

 

思い出すように努力してる。

 

まだ若いからか3分以内には思い出せることが多い。

 

でも7%くらい、なんだったか思い出せないの。

 

消えていくの。

 

消えていくのが怖くて毎日こうやって記録つけてるのに指を動かす前に消えていくの。

勝手にふるえてろ

とても好きだった

 

でもいま感想書く気力がないから書けないけど

 

ひとつ気がついた

 

考察じゃなくて解説が好きなんだなあと

 

いっつもわけわかんないことを何言ってるかわからないと言われながら書き綴ってるから

わたしの気持ち、って代弁してくれてるものが好きなんだな、というかああこういうことだったんだって腑に落ちる感じが言葉にされて同じ人間なんだって安心するみたいな

 

奇遇にもこの監督の映画を2作品劇場で観た記憶が新しく、テイストとか手の動きとか間の撮り方がこの監督独特の個性なのかしら、なーんて生意気にもちょっと感じながら観てましたよん。そんなこともあるよね、おこがましくも☺︎

 

そして松岡茉優さんが天才。

 

女優さんって何者にでもなれるの本当に凄い。